iPhoneのセキュリティー対策は大丈夫ですか?

iPhoneのセキュリティー対策と言っても色々な種類の対策がありますよね!今回はその中から何個かを選んで皆様にお伝えできればと思います。

パスワードロック

iPhone指紋認証

ではまず初めにセキュリティー対策の基本中の基本であるパスワードロックについて。
多くの人が利用している機能ですが、念のためにパスコードを利用していない方の為に、パスコードの用途を説明します。

パスコードとは、すべての携帯やスマホに標準で搭載されている機能でスマホを他人に見られない為や悪用されない様にする為に設定するパスワードロック機能です。パスコードを設定するとパスコードを入力しないとiPhone端末を操作する事は出来ません。

簡単な説明でしたがわかって頂けましたか?
簡単な説明が終わったところで、次にパスコードのセキュリティについてです。
パスコードは、設定で最初は4つの数字で登録する仕様になっています。しかし4つの数字だけでは、ばれてしまう可能性もあります。そこで、最強で、覚えやすいパスワードを設定する方法を伝授します。方法は『設定』『パスコード』『パスコードをONにする』『パスコードオプション』でパスコードを数字6桁のもの変更することや数字やアルファベットに設定する事も可能になります。指の動きでもばれてしまうかもしれないパスコードですが、アルファベットなら数字より指の動きが分かりにくいです。特殊文字も使えます。この機能を使って誰にもばれないパスコードを作成しておきましょう。

パスコードを忘れてしまったら

パスコードを忘れてしまったら

iPhone5s以降のユーザーに多いのが、指紋認証でロックしていたためパスコードを忘れてしまったということがあります。パスコードを何度も間違えてしまうとセキュリティロックがかかってしまい、その場合、iPhoneを数分間使用できなくなる仕様になっています。対処方法は「iPhoneを探す」がONになっていれば、遠隔操作でiPhoneを初期化することができます。もし分からないことがあれば、近くのiPhone修理店や携帯買取店に相談してみるのもいいかもしれません。
他にも方法はありますが、もし、どうしても復旧できないということになれば、そのiPhoneはジャンク品扱いというゴミ同然のものとなってしまいます。しかし、そんなものでもiPhoneジャンク買取店なら部品ごとでも買取をしてくれることがあるので、まだ新しいiPhoneであれば高額査定を買取してもらえるかもしれません。

SIMセキュリティー

次は意外と知られていないSIMのセキュリティーについて。
SIMとはiPhone端末の横についているトレーに挿入されている小さなカードの事です。契約者の情報などが書き込まれています。そのカードはどの端末に挿してもキャリアが間違っていなければ使えてしまいます。そんなことされたら大変な事になってしまいますよね。それを防ぐのが今回紹介するSIMロックと言う機能です。

この機能は先程言いましたが、端末は別でもキャリアが合っていれば使えてしまいます。しかしそのSIMにロックを掛ける事が出来るんです。ロックを掛けるとSIMを挿入した時にロックナンバーの解除を求められます。本人しかわからないので当然開けられません。ロックを解除しなければSIMを認識できないので他の人が使うと言う事が出来なくなります。それがSIMロックです。端末をうっかり落としたや、置き忘れてしまった、盗まれてしまったなど様々な事が予測されます。その為に日々心掛けるのはとても大切な事です。